第3回 積水ハウスカルチャースクール(平成22年11月24日)

セミナー概要

イベント名 第3回 積水ハウス カルチャースクール
今回のテーマ <第1部>
講演会「地球温暖化と生きものたち」
<第2部>
インテリアを飾るクリスマスの寄せ植え
日程 11月27日(土) 13:30~16:00
会場 ウインクあいち 
愛知県名古屋市中村区名駅4丁目4-38
TEL: 052-571-6131 ホームページ
定員 50名
参加費 無料
講師 【第1部講師】
動物写真家 小原 玲さん
セミナー内容 <第1部>
動物写真家 小原 玲さんによる講演会
<第2部>
ここだけの器を使って、新しいスタイルのクリスマスをプロと一緒に楽しみましょう。
お申込み方法 ◇お電話でのお申込み 0120-563-513
 (受付時間:10:00~18:00 火・水定休)

お申し込みは終了しました

講師紹介

【第1部講師】
動物写真家
小原 玲さん

<主な経歴>
報道カメラマンとして、中国の天安門事件や、湾岸戦争、ソマリアの飢餓など世界を取材。天安門事件の写真では米国LIFE誌の「The Best LIFE」に選ばれるなど世界中の雑誌に作品が掲載される。 アザラシの赤ちゃんとの出会いを契機に動物写真家に転身。日本でのアザラシ赤ちゃんブームの火付け役となるとともに、TVや雑誌を通して、地球温暖化による流氷の減少とアザラシの赤ちゃんの被害を伝えている。

<主な著書>
文藝春秋ネスコ「アザラシの赤ちゃん」、七賢出版「マナティ夢の人魚」、ワニブックス「蛍 Light of Firefly」、河出書房新社「流氷の物語 -アザラシの赤ちゃん」、教育出版「流氷の伝言 -アザラシの赤ちゃんが教える地球温暖化のシグナル」 他多数。

<主な活動>
この10年はホタル前線を南から北まで追いかけて撮影を続けていて、昨年放送された、NHK BSハイビジョン特集「ホタル前線を追う」の案内人をつとめた。また、名古屋市内・相生山のヒメボタルの生息地を写真に収める活動に取り組み、環境問題に対して積極的な発言をし、メディアにも多く出演している。


このページのトップへ