確定申告ガイド


印刷画面を表示

マイホーム(居住用財産)を売却した場合の税金特例

マイホーム(居住用財産)を買い換えたり、売却した場合、譲渡した居住用財産の譲渡税が軽減される特例があります。

① 3,000万円特別控除制度
マイホーム(居住用財産)を売却した場合、所有期間に関係なく譲渡所得から3,000万円を控除できます。
ただし、前年・前々年に居住用財産の買換え特例や譲渡損失の損益通算等の特例を受けた場合はこの特例を受けられません。
② 軽減税率の適用
所有期間10年を超えるマイホーム(居住用財産)を売却した場合、譲渡所得のうち6,000万円以下の部分については軽減税率14.21%が適用されます。
③ マイホーム(居住用財産)を買い換えた場合の特例
所有期間10年を超えるマイホーム(居住用財産)を買い換えた場合、買換え資産の取得価額に応じて課税の繰り延べが行われ譲渡税が軽減されます。
なお、この特例を受けた譲渡所得については上記の①・②の特例は受けられません。

印刷画面を表示


  • 本サイトに掲載の内容は、平成29年1月時点の税制に基づき作成しております。
  • 制度によって細かな適用要件があります。詳しくは最寄りの税務署にお問い合わせください。
    その他申告書の書き方等、ご不明な点がございましたら、最寄りの税務署にお問い合わせください。
このページのトップへ